臨時・別冊正論・正論SP

正論 臨時増刊 - 金正日の死と日本の針路 12月28日発売  定価476円+税

「金正日以後」の世界を読む

東アジア「中国化」の危機が加速する

京都大学教授 中西輝政

油断ならぬ未熟な最高指導者

外交評論家 田久保忠衛

中国の介入がなければ内乱も

評論家 宮崎正弘

半島秩序維持とロシアの役割

元防衛大学校教授 瀧澤一郎

金正日の罪

拉致 「国家指導者」の仮面を被ったテロリスト

東京基督教大学教授 西岡力

核と瀬戸際外交 国際社会を愚弄し続ける無法者国家

福井県立大学教授 島田洋一

超軍事国家 「革命」ではなく金王朝延命のために

ジャーナリスト 井上和彦

餓死 300万人の計画的大虐殺

ノンフィクション作家 萩原遼

備えよ日本

拉致解決へ圧力を緩めるな

元内閣総理大臣・衆議院議員 安倍晋三

最悪のシナリオはこうだ

評論家 潮匡人

問われる日本のインテリジェンス

元内閣情報調査室長 大森義夫

拉致被害者奪還へ、いまこそ行動せよ

拓殖大学教授 荒木和博


金正日とは何者だったのか

ジャーナリスト 野村旗守

朝鮮半島はどうなるのか

誰も書かなかった金正恩体制の陥穽

関西大学教授 李英和

手綱がとかれた北朝鮮軍

早稲田大学国際教養学部教授 重村智計

韓国・北朝鮮の中国化を食い止めよ

早稲田大学客員研究員 洪熒

経済の「朝鮮危機」に惑わされるな

経済評論家 上念司