雑誌正論 電子版購入はこちらをクリック

月間正論最新号

月刊正論2018年5月号3月31日発売  価格778円+税

策略の朝鮮半島
韓流〝思考〟徹底分析
韓国人は、なぜ金正恩を信じるのか
拓殖大学教授 呉善花×産経新聞元ソウル支局長 加藤達也
日本だけが置き去りに? 米朝首脳会談の危険
評論家 潮匡人

森友〝改竄〟の激震
官僚OB対談
書き換えは霞が関の常識?
問題の核心をマスコミは分かっていない
慶應義塾大学教授 岸博幸 × 社会保障経済研究所代表 石川和男

新たなる皇帝の誕生…
父の敵を崇拝する男
習近平は第2の毛沢東になるのか
静岡大学教授 楊海英

食べていい生物といけない生物 決めるのは誰?
落語家 林家木久扇 / 「ビハインド・ザ・コーヴ」監督 八木景子

別冊正論最新号

別冊正論31号3月26日発売  価格926円+税

「日本型リベラル」の化けの皮
―ガラパゴスなサヨクたち 知らずにはびこる反日洗脳と言論封殺

虐日、自国民へのヘイト続ける日本型リベラル
世界から軽蔑されるその姿を知れ
元東京大学史料編纂所教授 酒井信彦

左翼偏向教育を助長する文科省リベラル官僚
反日学者による教育への深刻な影響
明星大学特別教授 高橋史朗

竹島問題で跋扈する日本人リベラル学者たち
韓国のプロパガンダを補強・拡散 日本に足りない確固たる政治主導
拓殖大学教授 下條正男

正論SP

正論SP(スペシャル)vol25月25日発売  価格926円+税

天皇との絆が実感できる100の視座

天皇のご存在はなぜ尊いのか
渡部昇一先生の「皇室とは日本人が守るべき美しい虹である」
本誌編集部

皇位を脅かす国難
「困った憲法」をもてあそぶ内閣法制局、政府解釈のデタラメ史
江崎道朗

昭和・平成の歩みの中で
「朝敵」共産党が「白旗」を出した理由
筆坂秀世

元号と改元の意義を考えよう
元号は「日本独自の時間軸」である
江崎道朗