雑誌正論 電子版購入はこちらをクリック
土光杯2018

月間正論最新号

月刊正論2017年12月号11月1日発売  価格852円+税

【MEGA特集】核戦争勃発に備えろ
なぜ国難を論じない
ジャーナリスト 櫻井よしこ
作家 麻生幾 書き下ろしシミュレーション
忍び寄る恐怖 半島有事が静かに始まる…

負け犬和式リベラルのウソ
それでも憲法改正を妨げるのは何か
杏林大学名誉教授 田久保忠衛

弁護士 橋下徹 インタビュー
〝大博奕打ち〟小池百合子の失敗

別冊正論最新号

別冊正論30号10月23日発売  価格926円+税

時代を突き抜けた〝坂の上〟のパワー
明治維新150年―先人の智慧と気概
やればできるぞ!! 日本人

維新期より深刻な日本の国際環境を克服するために
樺太・千島、北方四島、竹島そして尖閣諸島…
ジャーナリスト 櫻井よしこ

幕末明治に散った貴き志 存命ならどうなったか
維新があぶり出した問題はそのまま現代日本の問題だ
作家 山本一力

幕末の馬鹿力
――無学な龍馬と無教養な新選組――
漫画家 黒鉄ヒロシ

正論SP

正論SP(スペシャル)vol25月25日発売  価格926円+税

天皇との絆が実感できる100の視座

天皇のご存在はなぜ尊いのか
渡部昇一先生の「皇室とは日本人が守るべき美しい虹である」
本誌編集部

皇位を脅かす国難
「困った憲法」をもてあそぶ内閣法制局、政府解釈のデタラメ史
江崎道朗

昭和・平成の歩みの中で
「朝敵」共産党が「白旗」を出した理由
筆坂秀世

元号と改元の意義を考えよう
元号は「日本独自の時間軸」である
江崎道朗