月刊正論最新号

月刊正論2022年11月号9月30日発売  価格950円(税込)

特集 日本に残された時間はない

最高指揮官・安倍晋三は何を目指したのか

元陸上幕僚長 岩田清文 ×
元総理秘書官・前防衛事務次官 島田和久

防衛力強化と「増額」混同するな

麗澤大学特別教授・元空将 織田邦男

継戦能力の要 兵站構築急げ

ジャーナリスト 小笠原理恵

核の「持ち込ませず」平時からタブーなき議論を

自民党政調会長(当時)高市早苗 ×
評論家 江崎道朗

「AUKUS(豪英米)」加盟の時期逃すな

NNAオーストラリア代表取締役 西原哲也

偽りの「非戦」で日本は潰れ行く

明星大学名誉教授 山下善明

チャイナ監視台

台湾防衛に私財投じた大富豪

産経新聞台北支局長 矢板明夫

【特集 小泉訪朝から20年】

親心届かぬ虚しき日々

拉致被害者、横田めぐみさんの母   横田早紀江

今明かす被害者奪還の真実

元内閣官房参与、元参院議員 中山恭子
モラロジー道徳教育財団教授 西岡力

【特集 空気に流されない】

私が野田元首相を評価しないワケ

産経新聞政治部編集委員兼論説委員  阿比留瑠比

統一教会問題が暴いた戦後レジームの欺瞞性

弁護士  徳永信一

「旧統一教会批判」熱狂の危うさ

本誌編集部  安藤慶太

日本型「政教分離」を取り戻せ

早稲田大学非常勤講師  大場一央

令和の「宗門改」行き着く先は暗黒

皇學館大学教授  松浦光修

選挙の自由と警護警備の均衡を

公益財団法人公共政策調査会研究センター長 板橋功

要人暗殺阻止する制度作り議論せよ

夕刊フジ報道部記者 中村昌史

国連ウイグル報告書 これでも日本は動かないのか

日本ウイグル協会副会長 アフメット・レテプ

【特集 中国が付け入る隙】

外資招き入れても救われない夕張市

本誌編集部

沖縄県知事選で「尖閣」語らない異常

八重山日報編集主幹 仲新城誠

中国資本が支配する東京の火葬場

葬祭系ユーチューバー 佐藤信顕

原発新増設が必要なこれだけの理由

キヤノングローバル戦略研究所研究主幹  杉山大志

南京事件はいかに創作されたか

国際歴史論戦研究所研究員 池田悠

中国戦争映画に宿る台湾侵攻の意図

映画評論家 瀬戸川宗太

底辺から地元の誇りへ 甲子園準優勝校の挑戦

下関国際高校校長 上田晃久


産経新聞の軌跡

昭和20年代編 第11回 共産党、左派社会党
 国内左翼への厳しい視線

評論家 河村直哉

訥行塾⑯ 若手官僚らが国家のあり方を考える

 安倍元総理の死と日本の未来

産経新聞編集委員 宮本雅史

海洋軍事小説「Sub(サブ)」
 深海の防人(さきもり)たち
  第8回 離艦

作家 杉山隆男


皇室歳時記 悠仁親王殿下 16歳に

われらの女性自衛官⑰
 ヘリパイ機長になった野球少女
 海上自衛隊 笠原千鶴 1尉
  ライター 渡邊陽子

ますらおの歌―新撰 軍歌・戦時歌謡集(16)
 ラバウル小唄 篠原 章

不肖・宮嶋の現場 エリザベス二世の思い出

『日本製』を求めて。 清水ともみ

ぬるま湯正論 西原理恵子

文人論客 壺中之天 大杉漣 「初台 福臨門」
  取材・構成 将口泰浩


巻頭コラム 激流世界を読む

杏林大学名誉教授 田久保忠衛

フロント・アベニュー

麗澤大学教授 八木秀次

フィフィの本音

タレント フィフィ

経済快快

産経新聞特別記者 田村秀男

君は日本を誇れるか

作家 竹田恒泰

アメリカの深層

福井県立大学教授 島田洋一

朝鮮半島藪睨み

産経新聞編集委員・國學院大學客員教授 久保田るり子

中華考現学

作家、チャイナウォッチャー 天沼 康

SEIRON時評

評論家 江崎道朗

シネマ異聞 そこまで言う!?

テレビプロデューサー 結城豊弘


読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ

編集者へ・編集者から

メディア裏通信簿

折節の記

操舵室から

編集人/田北真樹子 発行人/有元隆志 印刷所/大日本印刷株式会社 発行所/産經新聞社 〒100-8077 東京都千代田区大手町1-7-2 〒556-8660 大阪市浪速区湊町2-1-57 発売所/日本工業新聞社