臨時・別冊正論・正論SP

別冊正論16号10月20日発売  定価952円+税

INTRODUCTION

苦難を乗り越える力は歴史の中にある

本誌 上島嘉郎


日本人とはいかなる民族か

共に生き共に死にたいと思う絆

かつて生きた日本人と今を生きる日本人は、同じ誇りある血のもとにつながっている

前衆議院議員 西村眞悟


「義」と「信念」に生きて台湾を救った根本博

終戦時の「恩義」を返すため、国共内戦で敗走を重ねる国府軍を助けるため、金門島の戦いに身を投じて奇跡の勝利をもたらした気概と知略

ノンフィクション作家 門田隆将

特攻を拒否しつつ「特攻精神」で戦い抜いた美濃部正

散華の美学ではなく、夜間攻撃に活路を見出し、最善と信じることを実行した指揮官の覚悟

作家 百田尚樹

絶望を越えて 被爆三日後に電車を走らせた少女たち

広島電鉄家政女学校の生徒たちは、気力をふりしぼり、未来を信じて、電車を動かした

シナリオライター 武田樹里

後生の日本人に望みをかけて「護国」の精神に殉じた若者たち

水晶のごとき自己放棄の精神、心を引き裂くばかりに悲しい透明さ…英霊が命にかえて我々に託した思いは何だったのか

産経新聞那覇支局長 宮本雅史

言ふなかれ、君よわかれを特攻教官 田形竹尾の遺志

出撃待機中に終戦を迎えたその日から、彼は特攻隊の「生霊」となった。長い戦後の孤独な奮闘と彷徨が語りかけるものとは

日本文化チャンネル桜代表 水島総


昭和の御世を懸命に働き続けた「宗谷」

「奇跡の船」の異名を持つ一隻の小さな船が、今ふたたび日本人の失われた記憶を呼び起こしてくれる

ジャーナリスト 桜林美佐

日本を守る!のちの陸軍中野学校をつくった秋草俊

作家・元外務省主任分析官 佐藤優


アジアに曙光を!「ジョグジャカルタのサムライ」と呼ばれた石井淑普

拓殖大学日本文化研究所客員教授 関岡英之

ASEAN結成を支えた熱血の民間外交官 中島慎三郎

日本会議専任研究員 江崎道朗


私が西郷隆盛を敬愛し、山鹿素行に深謝する理由

評論家 石平


幕末きっての名官僚 国を想い、幕府に殉じた川路聖謨

東海大学教授 山田吉彦

二人の息子を尊皇の志に捧げた入江満智

日本人の心意気がここに…吉田松陰が感涙にむせんだ「江母」

皇學館大学教授 松浦光修

組織を恃みとせず!「個人」の気概を貫いた岡谷繁実

軍学者 兵頭二十八

名も功も要らぬ、維新を舞台裏で支えた白石正一郎

評論家 宮崎正弘


生涯「農」を通じて善種を蒔き広めた二宮尊徳

フリーライター 谷田川惣

大庄屋助宗と行政改革の端緒を開いた農民たち

衆議院議員 高市早苗

台湾に一大肥沃地を!

世界一のダム建設に命を懸けた八田與一

作家・慶応義塾大学講師 竹田恒泰


国益と国民のための経済成長を追求した高橋是清

経済評論家 三橋貴明

美と品格よ、永遠に!

古来の桜を守り続けた笹部新太郎

中村学園大学教授 占部賢志


黒船来航・安政大地震を当時の日本人はいかに受け止めたか

鯰絵が語る世直しと復興精神の伝統

拓殖大学教授 呉善花


世界のモンゴル学者に愛された〝無冠〟の才媛 磯野富士子

東洋史家 宮脇淳子

収容所から銀河へ ジョージ・タケイの栄光

評論家 佐藤健志

「夢の超特急」新幹線をつくった男 島秀雄

高崎経済大学教授 八木秀次


執筆者略歴・操舵室から