別冊正論30

時代を突き抜けた〝坂の上〟のパワー

明治維新150年―先人の智慧と気概

やればできるぞ!! 日本人

【発売日】 平成29年10月23日(月)

【定 価】 1000円(本体926円+税)

 平成30年に明治維新150周年という大きな節目の年を迎えるに当たり、明治維新を振り返りながら、激動の時代を先人たちはどう突破したのかを学び、内外情勢が維新期と現在で実は変わっていない一面を知る。

【コンテンツ】

維新期より深刻な日本の国際環境を克服するために  ジャーナリスト 櫻井よしこ

樺太・千島、北方四島、竹島そして尖閣諸島…

幕末明治に散った貴き志 存命ならどうなったか  作家 山本一力

維新があぶり出した問題はそのまま現代日本の問題だ

幕末の馬鹿力 ――無学な龍馬と無教養な新選組――  漫画家 黒鉄ヒロシ

 

特集 司馬遼太郎が見つめた明治維新

不羈独立―明治のリアリズム  拓殖大学学事顧問・前総長 渡辺利夫

それは過去のものでしかないのか――

しばりょうファンが語るイチオシ作品  サンミュージックプロダクション社長 相澤正久

幕末-明治を生き生きと眼前に再現

司馬作品で見る幕末年表  編集部編

・作家の魂が宿る雑木林 司馬遼太郎記念館を訪ねる  編集部

維新で輸入した「絶対の正義」  司馬遼太郎特別インタビュー

仏教世界とキリスト教世界の違いを認識する

 

〝明治維新は誤り〟という考え方  歴史家・作家 加来耕三

歴史を結果から逆に観る危うさ

最後の将軍徳川慶喜の決断  歴史研究家 井手窪剛

貫いた天皇への尊崇恭順

歴ドルが愛する維新の志士(ヒーロー)たち  歴史アイドル 小日向えり

教科書には載らない〝胸キュン〟エピソード

アジア同様に列強の領土侵奪受けた日本  軍事史学会理事・日本大学教授 淺川道夫

幕末・維新期の蝦夷地をめぐる日露関係

明治維新―日露戦争の経済学  経済評論家 上念司

成功を支えたのは幕末の活発な産業活動だった

明治大帝という生きた逆説―パラドクス  評論家 渡部昇一

維新の志を重視しアジアを世界を変えたカリスマ

・侍従と女官が「蔭の蔭まで」明かす

明治天皇の知られざる御日常  『側近奉仕者座談会』より

昭憲皇太后―偉大な先見の明で今も世界に慈雨注ぐ  作家・日本画家 出雲井晶

幼少からのたゆまぬ精進が大きな仁愛の花咲かす

明治憲法の精神とその国家論に学ぶ  国士舘大学特任教授 百地章

日本の美徳と、日本を貶める戦後学者たち

教育勅語とは何か?  大阪大学名誉教授 加地伸行

家庭・社会・国家の中で生きる普遍な規範

開国の波涛に散った唐人お吉の酒と涙  編集部

今も問いかける「浮世の不条理」

・西郷頼母と武田惣角

悲劇の会津藩家老と伝説の合気柔術家  編集部

もう一度〝坂の上の雲〟をめざして歩き出そう 作家 石原慎太郎/麗澤大学教授 八木秀次

垂直の情念を再認識し、絶望の底から希望へ

日露戦争に学ぶ明治人の気概  評論家・明治大学名誉教授 入江隆則

対照的だった旅順の要塞戦と日本海海戦

乃木希典大将と日露戦争  東京大学名誉教授 小堀桂一郎

幕末―明治を知るオススメ本&映画  編集部

お役立ち!明治維新150年イベント全国ガイド   編集部編

行ってみたい!体験したい催事が続々!!

・あとがき

予約を受け付けています。お求めの方は「別冊正論30号希望」と書き、以下までお申し込みください。

【お申し込み方法】
・ハガキ:〒100-8077 (住所不要)産経新聞社雑誌「正論」販売部別冊正論係へ
・FAX:03-3241-4281
・電子メール:seironhanbai@sankei.co.jp
【問い合わせ先】
雑誌「正論」販売部 03-3243-8469(平日10時―18時)
【お支払方法】
別冊正論30号をお手元にお送りする際、専用振込用紙を同封します。それでご入金ください。
配送料、振込手数料は当社で負担させていただきます。